アパートに求めるものはやはり収益性ですね、しかしながら、築年数がある程度経過してしまったお部屋は成約までになかなか時間がかかってしまいます。それにも増して新築物件が近隣で建てられてはたまったものではないですね。今回ご紹介するリフォームは古くなったお部屋の再生術です。古くなったアパートは先々の建替えや建物の耐用年数から考えて、あまりコストをかけるのは投資効率も良くありません。今回ご紹介するリフォームは比較的費用のかからない方法です。

⑴アクセントクロス・フローリング調タイル
今では主流になってきておりますが、壁紙を張るときに1面だけ違う壁紙にすることにより、その違う1面の壁紙が引き立ち、それだけでちょっとお洒落な感じのお部屋になります。壁紙の張替だけで簡単に、そしてコストを抑えながらお部屋のイメージを変えることが出来ます。また、以前に比べてフローリングは幅の広めのものが人気となってきております。通常、フローリングの張替は既存のフローリングを剥がし、新しいフローリングを張りますが、フローリングは部材自体が高く、剥がしや処分費までかかってくるとさらにコストがかかってしまいます。そこで、フローリング調のタイルです。既存のフローリングの上に重ね張りするだけですので、張替に比べ、かなりコストを抑えられます。さらに見栄えも通常のフローリングと比べてもほとんど見劣りしません。


⑵3点ユニットの改装(モダンユニット)

また、今ではバス・トイレ別の物件の人気が高く、3点ユニットのバスは敬遠されがちです。ですが、3点ユニットをバス・トイレ別にするにしてもその分の広さを確保するか、もしくは浴室をシャワールームにするなどしなければいけません。そして何れの工事にも言えることですが、それなりの費用がかかってしまいます。そこで、モダンユニットをご紹介いたします。木目調のダイノックとワイドミラーでワンランク上のユニットバスのような雰囲気があり、見た目の印象もガラッと変わります!このリフォームもコストを抑えながら見た目を一新でき、3点ユニットの印象も良くなりますよ。