新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、早速ではございますが、現在のご自宅のキッチンの使い心地はいかがでしょうか?
・ガスコンロ3口あるうちの1つが点火しない
・なかなか点火しなくなってきた
・レンジフード(換気扇)から異音がする、吸い込みが悪い
・水栓から水漏れしている

などの症状はございませんか?

キッチンの設備はそれぞれ経年とともに劣化、故障等が生じてきます。一般的には、コンロは7年~10年、レンジフードは約10年位が寿命と言われております。
ですが実際には15年以上経過しても故障なく使用できることが多いようです。

【20年経過後に設備が故障したらキッチンの交換を検討しましょう】

20年経過後にコンロ、レンジフードなど単体を交換しますと、その後に別の部位が故障などしたり、最終的にはキッチンそのものを交換しなければならないことがよくあります。
現在、キッチンを交換するときはをシステムキッチンを利用するのが一般的です。システムキッチンとはコンロ、レンジフード、水栓などの設備がセットになっている商品です。
つまり、途中でコンロ等を交換しますとコンロだけ新しくしたのにまた新しいガスコンロがシステムキッチンについてくるということになり、途中で交換したガスコンロが勿体ないことになってしまいます。
ですので、20年を経過してから設備に不具合が生じてきたらキッチン全体の交換を検討することをお勧めいたします。

また、最近のキッチンは利便性が高い設備も多くございます。
火事の多いこの時期の対策や、高齢者のご自宅ではIHコンロを設置すると安心できると思います。
また、食器洗乾燥機などの設備も家事の手助けになるかもしれません。
他にもキッチン上部の吊り戸も昇降式の戸にしますと女性でも収納したものを取り出すのに便利だと思います。

キッチンの設備機器に不具合が生じてきましたら設備単体で交換すべきか、キッチンそのものを交換すべきか、弊社スタッフまでお気軽にご相談下さい。